FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ

あなたは・・・

プロフィール

fluffy

Author:fluffy
ものづくりが好き かなりマイペースな「わたし」、料理が趣味な夫「とと」、吹奏楽部出身のファイター社会人3年生 長女「ねね」、てんかんとトゥレット症候群を合併し さらに最強になった自閉症の長男「ふぅ」、美人だけど性格に問題のあるビーグル犬「みるく」の5人家族です。
どうぞよろしく♪

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

私宛てのメッセージはこちらから (´・Д・)」

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持つべきものは

2015.04.10 21:37|とと
3月27日に入院してから
ちょうど丸2週間目の今日
やっと本来の入院目的である
胆のう摘出手術が行われました。



検査の段階で大腸ポリープがみつかり
それを急遽取ったりなんかもしましたが・・・



手術までなぜにこんなに
日数を要したかというと
持病の糖尿病が邪魔をしたのです。
血糖値が高い状態での外科手術は
様々なリスクを伴うんですね。
私、初めて知りました。



手術は14時から。
私は ふぅちゃんが通所センターへ行っている
10時から13時までの間しか動けないので
行くことはできません。



けどそんなことは ととが一番わかってるから。
「 いいよ全然。子供じゃないし。」



でもやっぱり麻酔から覚めた時に
ひとりぼっちは可哀想だよなとか
考えてたら・・・
ととのお母さんから電話がきて
「私どうせヒマだし行くわ~。」って。



「お母さん頼むね。お願い。」
有り難かったです。



16時くらいになって お母さんから連絡が。
今 手術終わったよ。
出血もひどくなくて安定してるって。
それじゃ私は帰るから~と。
ありがと。お母さん。



そしたら程なくねねが帰ってきて。
「17時くらいまで大丈夫だから
パパのとこ行ってきて!」と。



「わかった。行ってくるね。」
車を飛ばして ととの病院へ行きました。



病室に入りベッドの横まで行くと
びっくりした顔で目を見開いてました。
「来たのか・・・」
お腹からの声じゃないから
聞き取れないくらい小さい。



顔も身体もすっかり、細くなって・・・
「 ダイエットできてよかったね♪」って言ったら
笑ってました。



滞在時間15分くらい。
ねねがまた仕事に行かなきゃだから
私もう帰るねって言ったら
まだ麻酔から完全に覚めてないらしく
プルプルと震わせる片手を
布団の中から出してきて。



「なに病人ぶってんのさ。」って言って
ぎゅーって握ってあげました。



急いで家に帰って ねねと
ふぅちゃんの見守りをバトンタッチ。



「パパどう?」ってねねが言うから
「 無事に手術終わってたよ。
ママと手繋ぎたがったから
ぎゅーって繋いでやったわ。」って言うと
かなりうけながら
再び会社に戻って行きました。



ねね、ありがと。











コメント

No title

ととさんの手術が無事に終わって良かったですねe-454
お母様やねねさんの心遣い、ありがたいですね。

ととさんが早く退院できますように・・・

みんなの優しさが


うらやましいね。

ニコナッツさん

本当だったら妻の役目なんですけど
私が身動き取れないこと
身内は痛いほどわかってるから・・・
みんな協力してくれて ありがたいです。
みんながふぅちゃんを愛してくれてる気持ちが
ありがたいです。

ぱぴんぐさん

頭が◯ゲるまで 毎日
一生懸命働いてくれてたからね・・・
みんな優しくしてくれる。
あ、それは関係ないか(汗)!


非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。