04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ

あなたは・・・

プロフィール

fluffy

Author:fluffy
ものづくりが好き かなりマイペースな「わたし」、料理が趣味な夫「とと」、吹奏楽部出身のファイター社会人3年生 長女「ねね」、てんかんとトゥレット症候群を合併し さらに最強になった自閉症の長男「ふぅ」、美人だけど性格に問題のあるビーグル犬「みるく」の5人家族です。
どうぞよろしく♪

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

私宛てのメッセージはこちらから (´・Д・)」

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退所の日まで ③

2016.04.15 21:35|ふぅちゃん
待ち人数の少ない施設への待機に切り替えるため
見学などの施設開拓を始めよう!と
相談支援事業所へ行って話し合ったのが7月末。



安心して暮らしていけるところを探したい。
そう意気込んでいたけれど
相談員のTさんから連絡なく
1ヵ月が経過してしまいました。



その後どうですか?と
思い切って私から連絡すると
見学さえも断られてしまう状態で
まだ見学先が見つからないとの返事。
利用者の方々が
外部の人が入ってくることによって混乱するので
見学は難しいと言われる と。



そして 両親揃って見学するために
ふぅちゃんを数時間だけ預かってくれるところを探すも
それすら全く見つからないという返事でした。



その時は もっともっと探せば
きっと見つかるはずだと
本当に我が家の身になって探してくれているのかと
半ばTさんを疑ってしまっていました。



けれどそんな私の考え方自体が愚かだったと
今はわかります。
子供のことになるとどうしても
自分本位になってしまう私でした。



Tさんはきっと一生懸命探してくれていた。
おそらくふぅちゃんの強度行動障害や
6度に渡る警察からの保護などの現状で
断られたはずです。
でも私を傷つけまいと 本当のことが
言えなかったんですね。きっと。



それでTさんから
やっぱり入所施設に関しては
養護学校高等部の進路の先生が
いちばん情報を持っているから
Y先生とO先生に協力をお願いしたいと言われ
ふたたび 進路の先生を含めてのやり取りがはじまりました。



そして そんなやり取りのさなかに
通所センターのガラスを割るという出来事が
起こってしまったのでした。

コメント

ばか

No title


とりあえず、
過ぎたことは、
誰がどんな思いをしても、
誰に対してどう思おうとも、
変わってくれる事はないんだから、
これからどう、前を向いてくかだけだよね。

ぱぴんぐさん

こんにちは。
この退所の日までという記事は
みんなが読みたくなるようなものじゃないかもって
やめた方がいいのかなって思いました。
でも 自分をリセットするために
やっぱり書かせてもらいたいなと思っています。
気が済むまで書いたら
また前を向いていけそうな気がします。
ぱぴんぐさん
コメントありがとうございました。

めるもさん

めるもさんこんにちは。
いただいたコメントが何故か
2013年3月の記事に対してのコメントとして
届いてしまったのですが
すみません。こちらにお返事書かせていただきました。

いつも応援してくださって
本当にありがとうございます。
心の支えになります。

また楽しいブログも書けるようになるために
今まで吐き出せなかった気持ちを
すべて書いてしまおうと思っています。
読んでくださる方には
申し訳ないのですが
もう少しだけお付き合いいただけると
嬉しいです。

めるもさん 風邪などひいてませんか?
もうそちらは暖かいんでしょうね。
札幌はやっと 桜の蕾が膨らんできました。






お返事ありがとうございます。

こんにちは。

返信、ありがとうございます。
こちらは、桜はすべて散ってしまいました。
今は、カラスノエンドウの最盛期みたいです笑。

すいません、コメントしたらパスワードを要求されて、
適当にいれたら、過去の記事にとばされちゃいました。

いえいえ、ここはfluffyさんのブログです。
お好きにどうぞです。

このブログに励まされている方もいらっしゃると思います。
ひとりじゃないって。

私も、アラフォーなので、人生、いいときばかりじゃないって、思います。
なにもできませんが、ただただ、読んで、ただただ応援しています。

では、お邪魔しました。

このコメントがどこにつくのか、ドキドキなめるもより。

初めてコメントします。ブログ始めから読ませてもらいました。お願いだから施設に閉じ込めて。これから先外の社会でパニックおこしたらどうするの?今は母親に危害を加える程度でしょうが、小さい子どもに危害を加えたらその責任負えますか?主さまがふうちゃんを大切にしているように、私たちも我が子が大切です。何かが起きた時(パニックを起こした時)、もしも、我が子の命が奪われた時、障害を免罪符にふうちゃんは無罪になります。健常者は泣き寝入りです。こんな理不尽ありますか?
どうかどうか社会に放たないで。お願いします。

かかしさんへ

私の息子が 将来殺人者になるかのようなコメント。
あまりにも言葉が行き過ぎてはいませんか。
顔や名前を明かさなければ
何を言ってもいいのでしょうか。

私の子育ては間違っている部分もあるかもしれないし
母親としても足りないところは多々あります。
けれどひとりの親として
子供たちのことを宝物と思っています。

あなたの行為も 立派な暴力だと
私は思います。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。