04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ

あなたは・・・

プロフィール

fluffy

Author:fluffy
ものづくりが好き かなりマイペースな「わたし」、料理が趣味な夫「とと」、吹奏楽部出身のファイター社会人3年生 長女「ねね」、てんかんとトゥレット症候群を合併し さらに最強になった自閉症の長男「ふぅ」、美人だけど性格に問題のあるビーグル犬「みるく」の5人家族です。
どうぞよろしく♪

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

私宛てのメッセージはこちらから (´・Д・)」

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診察室にて

2016.06.14 22:08|ふぅちゃん
昨日も今日も雨。
肋骨の古傷がうずくけど
気持ちは落ち着きますね。
濡れた地面。目に優しい空気感。



先週 主治医のところに言ってきました。
いつも通り ふぅちゃんとととは車で待っていて
先生と会うのは私だけ。



A施設との間に起こったことを
時系列で報告しました。



カルテを記入しながら
先生の表情が強張っていくのがわかって・・・。
通所センターを退所してしまったけれど
A施設といい出会いをして
シフトチェンジしている私たちを
心から応援してくれている方のひとりだから。



ふぅちゃんは とても緊急度が高いのに何故?と。
少しでもどこかに行っているならともかく
ずっとお母さんが家で見てて
その状態が長く続けば続くほどまずい。
更に良くない状態へといってしまうことが
本当に心配だと・・・。



「児童相談所とか学校とかなら
私が入っていけるんだけど
施設は個人との契約だから(利用料が
発生するので)
ごめんねお母さん。私なにもできなくて。」って。



先生、私 日常生活で困ってることとか
一生懸命説明してるつもりなんだけど
私自身 いろんなことある度に
どんどんどんどん強くなってくのが自分でもわかって
支えが必要な風には見えないのかも。
結局このまま年老いるまで
ずっと後回しにされて
それで私死んでいくのかなって思う。
それが私の人生なのかもしれないって・・・。



先生はその後
お母さん ちゃんと夜は眠れている?
ご飯3食ちゃんと食べてる?って
とても優しい言葉を私にかけてくれました。



ここはふぅちゃんの病院なのに
私のこと話しちゃってごめんなさい。大丈夫です。
そう答えると



お母さんはどんなことでも全部受け止める。
そういう子育てだよね。
全然悪いことじゃないよ。よくやってるよ本当に。
でも 頑張っちゃうんだよね。弱いとこ見せないもん。
(このブログでは かなり弱音吐いてるんですけどね・汗。
実生活では 本音を言えない小心者なんですよ~実は。)
だから、これからA施設とは
お父さんに話してもらおうと
先生に言われました。



でもその時 実は
A施設の入所に2人入った事実を
私はまだ夫に言えずにいました。
夫が傷つくのをわかってるから
どうやって切り出したらいいかわからなくて。
そしてさらにその事実を先生に言えず・・・



なんかホント ばかみたい。



自分の正直な気持ちを打ち明けられる人が
本当に、今 いなくて。
こうやってブログにぶちまけることで
自分自身を保っています。



読んでいてくれる方には
本当に感謝しかないです。
ありがとうございます。
他にすべがありません。
読んでいただけるだけで 私は幸せです。














コメント

いつの日だったでしょうか。
札幌で子育てをしている私がこのblogに出会ったのは。もうずいぶん、ずいぶん時間が経ったように思います。赤ちゃんだった息子は6年生になりました。

こんなに真っ直ぐに頑張ってる人がいるんだ。私ならすぐに根を上げてしまいそうな毎日に必死に向き合ってる人がいるんだ……そう思ったのが始まりでした。

ふぅちゃん、大きくなりましたね。
お父さん、お姉ちゃん、お母さんの愛情をしっかり抱きしめて大きくなりましたね。何て素晴らしい事だろう、どんな苦しみ、切なさ、虚しさを乗り越えてきたんだろう。親の愛の深さに感動すら覚えます。

絶対に幸せになれます。
数多くキリがないような試練ばかりなのかもしれないけれど、大丈夫、絶対幸せになれます。

全く見ず知らずの私ですが、わかるんです。大丈夫、大丈夫、大丈夫。

もう少しで短い夏が来ます。海岸沿いのドライブも、牛や馬がのんびりしてる牧草地へのドライブも素敵です。
秋には綺麗な紅葉が見どころですね。ダムにでも行きますかねー足湯に入りに定山渓もいいかな。
冬は一面の雪景色。京極の吹き出し公園も神秘的でしたよ。
春にはどこがいいかな。札幌市内で春を探しに行くのも楽しいですかね。

そんなこんなで月日は流れて、いつか必ず、あぁあの日頑張って良かった。あの時前を向いてて良かったんだ。
そう思える日が必ずきます。

絶対に大丈夫。大丈夫。

札幌の小さなアパートからずっと願っています。明日は久々の太陽に会えるようです。青い空の下、小さな幸せを逃さないように生きていきましょう。

大丈夫!

No title

fluffyさん
ご主人には 話せましたか?
きっと、 御主人は 自分に話せなかったってことの方がショックなんじゃないかな・
もしまだだったら、 思いっきり 順番飛ばされたこと 怒りながら話してみてはどうでしょう・
それができないから 辛いのはわかります でも、ご主人、一緒に傷ついてくれますよ~
fluffyさんが 一人で 傷ついてつらい思いをしているのは だめですよ~
花男でもあったじゃないですか~二人でいると 楽しいことは二倍になって、辛いことは 半分になるね!!・・て、シーン!  
fluffyさんが 弱音を吐いても 愚痴っても いつでも 応援しています・・といっても、応援しかできない私ですが 私の気持ちなんてわからないくせに・・って、言っていいですよ 任せてください! 歳とってる分、受け止められます!

ここに本音書いても、現実の生活に関わる人にきちんと事実を疲れがなかったり逃げ回ったりしてたら、何の意味もない。
無意味などころか悪影響しかありませんが。
厳しいコメントは削除して逃げちゃうし。
あなたの行動でたくさんの人が苦しみ結果を生んでいるようにしか、見えません。

大人になりきれない、心の闇を抱えているように思えます。
もちろん誰しも闇は抱えているものだけど、障害のあるお子さんの行き場をなくし、人生に大きな影響を与えてしまっていますよね。
自分を擁護してくれる意見に逃げ込んでも、お子さんや周囲の人の苦しさは何も変わりませんよ。

きちんと、精神領域の治療受けた方がいいと思います。

いつまでも、悲劇のヒロインぶらないでください。

また本音を書いてくれて、安心しました。
fluffyさんのブログですよ、好きな事書いてくださいね。

こんなに大変な子育てです。ましてや、一人一人症状が違う障がい。手探りなのだから、迷うのは当たり前ですよね。その手を引いて導いてくれる人を信用出来なくなることだってありますよ。ふぅちゃんの手を引いて歩く事は本当に大変なことですね…

大丈夫、fluffyさんは強い!それは、本当の強さです。子を想う母は強いです。

でも、それと今回の記事の事は別ですね。
緊急度の高さとは、なんだったのでしょう…しかも、二人も。fluffyさんに聞く権利はないのでしょうか…聞いたところで、「じゃあ仕方ないね」とはならないでしょうけど…涙が出てきます。
旦那様には、少しずつでも話してくださいね。頼りになる素敵な旦那様なのだから。

No title

こんにちわ。
一個前のブログに名前を書き忘れてコメント投稿してました汗すいません。

まだ、ととさんにも先生にも言えてなかったんですね(涙
ととさん、すごく傷つくとおもいます。
それは、FLUFFYさんがすごく傷ついたからそう思えるっていうかやさしさだと思えるのですが、、、でも、やっぱり信頼して欲しいし言ってもらいたいって思うかも。
早くいっちゃったほうがいいですよー!
って、軽くてごめんなさい。

ととさんに交渉してもらうの、私も大賛成です。
FLUFFYさん、荷物を全部抱え込まなくてもいいと思います。
早く、言っちゃってください。って、また余計なお世話でごめんなさい。

fluffluffyさん、心は大丈夫ですか?いろんなことが起こって疲れていませんか?
ブログを読んで心配したり、かげながら応援したりしかできませんが、他の方もコメントしているように、fluffyさんにはステキな旦那さんと頼りになる娘さんがいます。一人で頑張り過ぎず、たまには愚痴ったり甘えたりしていいのに…って思います。
fluffyさんが自分の気持ちを吐き出すブログです。心ないコメントもありますが、私は応援しています。くれぐれも頑張り過ぎないでくださいね。

弱音を言えないのは相手を心の底から信頼していないから。ご主人へ何も言わず、自分一人で抱え込んでいてもいいことは何一つないですよね?そしてキャパオーバーになるとキレる…
昨年、通所初日にふぅちゃんがごねたときもキレてふぅちゃんを叩いて初対面のヘルパーさんへ託し、学校の先生に注意されましたよね?
ご自分の育児は「完全受容」とおっしゃり、暴力を許しながら我慢出来なくなると反撃する…そんな筋の通らない接し方もふぅちゃんが悪化した原因の一つではいでしょうか?
進路の件もそうではありませんか?
専門の施設へ入所していれば今頃はふぅちゃんは落ち着いて穏やかに暮らしていてのではないでしょうか?

No title

人生は戦うためにあるものじゃない。
楽にいきましょう。

うりさん
はじめまして。
長い間このブログを読んでくださっていたんですね。
すごく嬉しいです。
何度も何度もいってくれた「大丈夫」の言葉
力強い励ましに
気持ちがあったかくなりました。
元気をもらいました。
ドライブ中 きれいな景色を見た時には
うりさんにいただいた言葉を思い出しますね。
同じ札幌の空の下で
子育て頑張りましょうね。
コメント 本当にありがとうございました。


ra35さん
こんにちは。
主人には話をすることができました。
ご心配おかけしてすみません。
一緒に傷ついてくれました。
そして今後どうしていくのがいいかを
きちんと話し合うことができました。
ra35さん、
辛い時も悲しい時も楽しい時も
いつも私の気持ちに寄り添ってくださって
本当にありがとうございます。


ミクさん
先日 いただいたコメントにお返事しないまま
削除してしまったことがありました。
気持ちが落ち込んでいたとはいえ
本当に申し訳ないことをしたと思っています。
ただ そんなことをしたのは初めてのことで
励ましのコメントにも 厳しいコメントにも
まずは一言お返事を書かせてもらうことを
ブログ開設当初からやっています。

生きていくということは
本当に試練の連続です。
ミクさんあなたも時には傷ついたり
悲しい思いをすること あるでしょう。
そんな時に一緒に悩んでくれたり
心から励ましてくれる友達はいますか?
私にはたくさんいます。
このブログでも 見ず知らずの私を
一生懸命になって励ましてくれる方々が
たくさんいらっしゃいます。

お涙ちょうだいブログではありません。
こんな子育てもあるんだということを
私はただただ伝えたいだけ。
だからありのままを これからも書き続けたいと
思っています。


梨さん
そんなつもりは、まったくないです。



大丈夫さん
こんにちは。
このたびはコメントをありがとうございました。

ふぅちゃんが幼い時に通っていた通園施設の
帰りのバスの中で
最後に降りるふぅちゃんと私と
ベテランのKさんという女の先生の
3人きりになった時に
ふぅちゃんのことで辛いことがあった私は
先生に気持ちを打ち明けながら泣いてしまって。
その時に先生は 私が泣き止むまで
ずっと私の背中をさすってくれました。
何も言わず だだ優しく。
大丈夫さんのコメントを読みながら
その先生のことを思い出していました。
あたたかい言葉を ありがとうございます。
優しく背中をさすってもらったような
そんな気持ちです。
夫にもきちんと話せました。
一緒にまた頑張っていこうと思っています。
私の拙いブログを読んでくださって また
大事な時間を割いてコメントを寄せてくださり
心から感謝しています。



メルモさん
あのコメントはメルモさんだったんですね。
いつもありがとうございます。
そして ご心配をおかけしてしまいましたが
夫には きちんと話をすることができました。
施設にも 話を聞いてもらいに
自分が行ってくると言ってました。
私ひとりで抱え込んではいないんですよ。
むしろいつも
結構わがままばかり言ってるかもしれない(汗)。
でもやっぱり ふぅちゃんを大切に思う気持ちは
私も夫も同じだから
これからは何でもすぐに言おうと思います。
メルモさん ありがとうございました。

















yossyさん
yossyさんこんにちは。お久しぶりです。
いつもは仕事から帰ってくる夫を待ち構えていて
いろんな話をするのですが
今回の件は なかなか言い出すことができず…。
普段から 家庭のことを気にしながら
仕事に向かっている主人なので
言うつもりではいたのですが
タイミングを見つけるのに時間がかかってしまって。
でもやっと打ち明けることができました。
今は待つことしかできませんが
息子のために
顔を上げて前を向いていきます。

yossyさんがこのブログにきてくださるなんて
すごくすごく嬉しかったです。
あたたかい励ましの言葉を読んで
少しだけ自信を取り戻せたような気がします。
主人と一緒に頑張ります。
ありがとうございました。



「弱音を言えないのは」さん
おっしゃることはよくわかります。
私はいろいろダメなところがある母親です。
でも ひとつのことを進めるのに
なんでも順調にいくとは限りません。
頭で考えるのは簡単です。
人のやっていることをみて
ダメだと言うことも
こうすればいいのにと言うことも。
でも私が今やっていることが
不正解だとは考えていません。
それは毎日息子と一緒にいる私でさえも
決められないし わからないこと。
だからましてやあなたが決めることでもない。
正解なんてないんですよ。



まきさん
こんにちは。
シンプルな言葉は力がありますね。
肩の力 抜いていかなければ・・・と思いました。
ありがとうございます。













No title

お返事を、わざわざありがとうございます。
私は同性愛者です。
でもだれにも打ち明けていません。
だから、ブログにしか本音を書けない気持ち、辛さ、でも気持ちの整理をつける感覚が、私には分かります。応援しています。

まきさん

記事を書いたこと そして
みなさんとやり取りしたことで
暗かった気持ちがスッキリしました。
そういうふうにブログを活用してる人
きっとたくさんいらっしゃるような気がします。
私もまきさんのこと応援していますよ!
元気をくれてありがとうございました。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。