FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ

あなたは・・・

プロフィール

fluffy

Author:fluffy
ものづくりが好き かなりマイペースな「わたし」、料理が趣味な夫「とと」、吹奏楽部出身のファイター社会人3年生 長女「ねね」、てんかんとトゥレット症候群を合併し さらに最強になった自閉症の長男「ふぅ」、美人だけど性格に問題のあるビーグル犬「みるく」の5人家族です。
どうぞよろしく♪

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

私宛てのメッセージはこちらから (´・Д・)」

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またどこかで

2016.10.11 21:05|わたし
このままで終わろうと思っていたのですが
どうしてもお礼が言いたくて
また書いてしまいました。



みなさんからのメッセージ
何度も何度も読んでいます。
毎回泣いてしまいます。



今まで私の「しっぽ」を応援してくれて
本当に本当にありがとうございました。



みなさんそれぞれの
大切な時間をつかって
メッセージを送ってくださったこと
本当に嬉しかったです。



こんなにもたくさんの方が
私たち家族を見守ってくれていたなんて
初めて知りました。
ただただ ありがたくて
胸がいっぱいになりました。









小さな自閉症のお子さんの
育児真っ最中のお母さん。
わずかでも力になれていたとしたら
本当に嬉しく思います。



育児には正解も不正解もないと
ずっと言ってきたけれど
私の育児は 現状から言って
おそらく正解ではなかった。



参考になることなど
なかったと思うけれど
それでもあえて
言わせていただけるとしたら…



とにかく子供のことを見ること。
それに尽きるような気がします。



細かいこと ひとつひとつの中に
子供の気持ちが隠れています。
その気持ちに 寄り添ってあげてください。



わからなくても 悩んでも
迷っても 苦しくても当たり前。
はじめてなんですから。



ひとつひとつです。
ゆっくりといきましょうね。
心から応援しています。











もう7年 このブログを
書いてきたんですね。
いろいろありましたが
続けてきて本当に良かった。



しっぽは私の宝物なので
このまま残したいと思います。



みなさんと出会えて
本当に良かった。
またどこかで会えたら
嬉しいです。



























































コメント

書くことで、いろんな気持ちを整理したり消化したり、、たかがブログとはいえたかがですまないぐらいの役割があっただろうにとおもい、ブログをおしまいにせざるを得ない状況を残念に思います。
他に気持ちをぶつけられる何かを見つけられますように、、。
でも、それでもまたやり場のない気持ちを抱えてしまったときには、またブログに綴られることも選択肢に入れて下さいね。
私は、こちらのブログから生きるヒントをもらえていますから、これからも覗かせて頂きますね。
ありがとうございました。

またいつか

またいつか、どこかで。
その日を待っています。

お疲れ様でした。

コメントは初めてですが、ずっと読ませていただいていました。
10歳の軽度知的障害・軽度自閉症の子がいる母親です。

ブログ主様にとって、きっとブログが心の拠り所だったのでは?と感じています。
しかしながら、こちらのブログは良くも悪くも注目され過ぎてしまったよう思います。

結果、面白半分に覗いていろんな場所に拡散する人もいるようですし、そうなるとブログ主様の本来の目的とは違った目で見られてしまったりと、逆にブログ主様の負担になってしまわれるのでは…と感じました。

またブログを再開したくなることがあるかもしれませんが、一度閉じるとおっしゃったのですから、我慢してとにかく息子さんやご家族と向き合ってください。
そろそろブログを逃げ場にするのは限界なのではないかな…と思いました。

私はブログ主様よりまだまだ育児に関しては未熟ですが、頑張りたいと思います。
お互い頑張りましょう。

今までありがとうございました。

ありがとうございました。

ずっと読ませていただいて…さみしい気持ちはありますが、他の方も書いていらっしゃるようにブログが有名になりすぎてしまって、ただバカにするために読んでいるような人もいるみたいです。
それならばきっぱりやめられた方がいいと思います。
私もふぅちゃんやねねちゃん含めご家族が心配ではありますが、ちょっとあまりに赤裸々に書きすぎてしまっていて個人情報などが心配になりました。
今はブログに吐き出すより現実と向き合うときなのではないでしょうか。
数年たって落ち着いて、あんなこともあったねと笑えるようになったら…事後報告があったら嬉しいです。
ですがしばらくは興味本意の人たちの好奇の目をさけるためにも、宣言通りブログから離れてほしいと思います。
今までお疲れ様でした。

これからは

fluffyさんご自身とご家族の安全を第一に考えて、皆さんが安らかに暮らせるよう願っています。
ネットには興味本位で面白おかしく覗く人もたくさんいます。
現にfluffyさんが書いた情報から居住地を予測したりしている人をある場所で見たことがあります。
非常に残念なことではありますが、そういった人間もいるのがネットの手軽さでもあるんですよね。

一度辞めると言ってから、また更新にこられたのを見て、fluffyさんは少しブログ依存し過ぎてしまっているように思えます。
本当に今回を最後にしてください。
それが、fluffyさんの新しい第一歩に繋がると私は思います。
これからも遠くから応援しています。

主さん、騙されないでくださいね。

コメントしようか迷いましたが・・
私は本当に主さんを応援してきたので、他の場所でこのブログが話題になっていてもあえて見ないようにしていました。
ただ最近はそれがヒートアップしてきていて心配してました。
だけど主さんも危機感を感じブログを閉じると見て、残念だけどこれ以上他で噂されるよりはいいかと思ったんです。
本当に主さんを心配してたら、残念でも閉じて正解だと思うはずです。
やたらに戻ってきて、また更新を待ってるなど書いてくるのは他でこのブログをネタにしたい人たちだと思った方がいいです。
本気で心配していたら、問題が解決されてから報告があればくらいに思っているはず。私もそうです。
応援するふりしてブログ再開させようとしてる人たちに騙されないでくださいね。
今までありがとうございます、そしてお疲れ様でした。
ご家族とお幸せに暮らせる日が来ることを願っています。

確かこちらを読んでいる中にご近所さんがいらっしゃいましたよね。
fluffyさんが書いた情報からだいたいの地域が絞られてしまっているんです。
その方たちにこれ以上迷惑かけないためにも、ご自分で決めたんですからきちんとこのまま閉めるべきですね。
やっぱり私にはこの場所が必要・・・などと言い訳して戻ることだけはしないでくださいね。

ご自分とご家族を一番に。

私は、どちらでもいいです。

FLUFFYさんのしっぽのむくまま気の向くまま。
FLUFFYさんの気持ちのやりどころが、人のおもちゃにされるのが耐えられないから、自分勝手な正義を振りかざすひとを見るのがいたたまれないから、
心の中で応援していくだけです。

たとえ、FLUFFYさんから発信がなくても、
いろんなひとが、今回のありがとうを受け止めて、それぞれ応援していくと思います。

ふぅちゃんが心穏やかに過ごせるようになるのを、こころから祈っているし、待っています。
それまでも、それからも、生きてくださいね。

わかる人は、今回のありがとうっていう記事の意義をわかってます。
心乱されずに、ご家族のことだけ考えてください。
こちらからも、こころからのありがとうです。

味方もたくさんいます。
最後までお邪魔虫でした(^^;)。
では、わたしもこれにて。

こんばんは。
何度もコメントしようとしましたが何を書いていいかわからず、ずっと読んでいるだけの日々でした。
とりあえず、お疲れ様でした。
今までずっと見守ってきて、実際の大変さの100分の1くらいは分かっているつもりです。
私も育児中で、ふうちゃんよりは大分小さい子を育てていますが育児は本当に暗中模索。障害のあるお子さんならなおのことですよね。
考えたって思い通りにならないことも多いし、もどかしい気持ちを全部出せるような場所だって中々ないですよね。
書くことで発散できる、気持ちが整理できる、ブログはそういう役割も大きかったのではと思います。
色々な意見があることとは思いますが。
時間が経ってからでもまた、ふうちゃんのことや気持ちなど、書いて貰いたいと私は思います。
長々と失礼しましたm(_ _)m

ありがとう③

あんずです。つづきです。

ご存じだとは思いますが、
現在は、地域で暮らしを実現させるノーマライゼーションの理念を目指す取り組みがはじまっています。

さいたま市などがその先駆けとなり実践しているようですが。。。


さて、このノーマライゼーションの理念は浸透しつつありますが、環境変化に弱い敏感な特性を持つを障害者は、まだまだ置き去りにされているといえます。


まさしく、ふうちゃんとお母さんはその理念から漏れていると思われます。


ふうちゃんやお母さんが悪いのではありません。国の理想とする福祉政策と、現場が必要とする福祉にギャップがありすぎるのです。


障害者自立支援法、障害者総合支援法などが次々と制定されていますが、障害や特性は多様であり、ひとくくりにまとめることに無理があります。また、障害者のニーズに沿っているとは言い難いのが現状です。


ふうちゃんとお母さんが置き去りにされている状態は、自閉症が決して珍しくないものである以上、氷山の一角と考えることができます。この置き去りにされている状態は、社会問題として十分に捉えることもできます。
実際、地域にとけこんだようなグループホームは不足している状態ですね。そして、家族介護者が抱える負担への福祉的なものは、まだまだ見当たりません。


でも、ここで諦めてはいけません。小さな声でも、声をあげ続けることが大事でです。助けてと声をあげることが大事です。


ふうちゃんは無事に成人しましたね。。
子育てはもう殆ど終わりに近づきました。
あとは、ふうちゃんの豊かな未来を応援してあげてください。ここまで頑張ってきたのに、一時的な感情に走ってはダメですよ。


当事者が声をあげることで、社会的にも新たな動きがあるかもしれません。とても素敵な施設の建設が進むかもしれません。地域で暮らす親の傍で、敏感な特性を持つ人達が穏やかに暮らし、そして、会いたい時はいつでも会える。。。


必ずそういう時代が来ると信じて行きましょう。

そして、 fluffy さんの困り感も、このブログ以外で、どこかで発信し続けてください。私もこの困り感を発信していきます。


このブログでとても多くのことを学ばせて頂きました。
私自身のことですが、これからは仕事の現場では、支援している子どもだけでなく、お母さんた達の心にも寄り添うことができたら。。。と望んでいます。


これで最後にしますね。 長くなりました。
本当にありがとうございました。


幸あれ!

色々な思いをされた事と思います。
非力ながら応援しています。

間違わない人も失敗しない人も迷わない人もいません。

人は後悔しながら生きていくものですもん。それでも前を向こうと一生懸命なんですもん。素敵です。

誰がなんと言おうと胸を張って、迷いながらでも前を向いていて下さい。

笑っても泣いても怒っても悔いても、律儀にしっかり明日は来ますしね!

家族を大切にして、命をかけて守る母の姿は私の心に暖かな火をつけてくれました。

ありがとうございました。

fluffyさんの言葉、胸に刻みました。私は余所見ばかりでなかなか大きな母にはなれませんが、今日からまた、娘を受けとめて、ちゃんと見て、見守ってあげたいと思います。

fluffyさん、不正解と書かれていますが、それはどうでしょう。まだ道を模索している最中なのですから、そんなこと言わないでください。私も、fluffyさんを心から応援しています。

ブログを閉じられるとのこと、ただただ残念です。fluffyさん、色々と言いたいこともあるかもしれませんが、普通に心ある人はちゃんとわかっていますから、安心してくださいね。

また時々覗きにきますね。

お疲れさまでした

これからですね。頑張って下さい。必ず受けれる支援もあると思います。
変な話ですが、ふうさんを適切な施設ですごさせてあげるのは、本人のためでもあるのですが、家族のためでもあります。しかも、ご両親が高齢にならないうちに入れたらとても、良いと思います。なぜかと言うと、2馬力フルで働けるようになり、ふうさんへお金を遺せるからです。たとえ、ご両親が亡くなっても、お金があるのとないのとでは、ふうさんの人生が違ってくるからです。実際、うちの場合は、お金を遺してくれたので兄に対して夫に遠慮なくお金が使えます。本当にお金のあるのとないのとではだいぶ、違いますよ。色々と落ち着いたらガンガン働いてたくさんお金を遺してあげてください。働くの嫌いではないようですし。結局、いつまでもふうさんのために何かし続けなければならないですが、悪いことばかりではないかもしれないです。ボケないし、若さを保てるし。

私は、嫌なことばかりいってしまいました。申し訳ございませんでした。

言い忘れてましたが、私の子供は知的障害のない自閉児です。支援もなにも受けれませんので(そもそも、愛の手帳すらもらえません)自力で生きてもらうしかありません。たくさんの苦手がありますが、今の社会では、致し方ないのでしょう。まぁ、ふうさんタイプの兄と育ってきたのでたいしたことはありません。だいたいの見通しはつきますし。

支援が受けれるのはラッキーなことです。あらゆる支援を声をだし、もぎ取ってください。ただ、妥協も必要ですが。

頑張って下さい

もうすぐ今年も終わりますがお元気でしょうか。ニュースで見ましたがクリスマスもそちらは雪が凄かったみたいですね。大丈夫でしたか?
もう更新はないと知っていてもたまに覗いてしまいます。がんばっているfluffyさんの事をずっと応援してて、わたしみたいに今も覗きに来ている方たくさんいると思うのです。またいつか戻って来てくださったら嬉しいです。
頑張りすぎて無理をなさりませんように。
寒さが厳しくなってきましたので、どうかお体を大事になさってくださいね。

あけまして

おめでとうございます!

久しぶりに来たら…(TT)
去年は11月に入院して、12月に退院し通所や通院イロイロでバタバタしてしまい
ブログ訪問出来ませんでした。
ブログは続けて欲しいです…私みたく月一でも、半年に一回でも
ふぅちゃんのこと、知りたいと思いました。
(私の気持ちです)

「しっぽ」を見ると、私も頑張ろう!とエネルギーが貰えました。

気が向いたら、書き込むのが良いと思います(^^)
それまで、待ってます!
遅くなって、ごめんなさい(><)


いまさらですが

ブログを閉じてから読ませていただきました。
同じ母親として切なくて泣いてしまいました、
私の古い友人の息子さんも重度の自閉症で苦しんでます。私の子供は健常者でその友人には寄り添うことしかできませんでした。少しでも苦しみから逃れられる事を願う事しか出来ませんがどうか自分を大切にしてください。

あらまた書いてるww
また掲示板に晒されなきゃ良いけどねーー

更新を止められてから、たまに覗きにきたりしていました(^。^)
お元気そうで良かったです。
お体にお気をつけてくださいね☆

1日1日を見ると分からなくても、何年後かは、想像もしなかった素晴らしい時が待ってます。
それはね、多分ではなく、絶対です。

心を開いていて下さい。そこを、開けたままにしていて下さい。一人にならないで下さい。
誰かと一緒にいることではないです。
1人で居ても、だれかと居ても、心を閉じないで下さい。
ただ、あなたの心に入ってきて、あなたを無神経に傷付ける人がいたなら、間違ってるのはあなたではなく、その人だということを分かって下さい。

見分ける力を失わないで下さい。

そうすればあなたは強くなります。
いや、あなたの周りには強い仲間がいます。

我が子は、他人に育ててもらってもいいんです。健常児、ハンディを背負ってる子、全て誰かの子ども達。我が子だから辛いんです。
どの親も、どの子も同じです。

頼りましょう。
心から我が子を愛してるなら、頼りましょう。

その為に、心を開いていて下さい。
難しいのは分かってます。
こんなことを言ってる私が出来てないことですから。
でもね、あなたが私を救ったんです。
自分をさらけ出して、こうやって私に言わせて、私を救ったんです。

じゃあね、一緒に歩きましょ。
生まれてきた証を、1日でも多く残しましょう。
ねねの為でもととの為でもふうちゃんの為でもなく、自分の為に。
だれも文句言わないし、聞かないで。

あなたはもう、じゅうぶん、自分以外の人を愛したでしょ。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。